日記・コラム DIARY

G1レース100勝、まさに感慨無量です

2013年11月20日

 弾けてくれましたね、トーセンラー。

 3コーナーを下るときの手応えがものすごくよくて、これは絶対に弾けてくれると信じて乗っていましたが、いざ追い出したら想像以上の切れ味。直線に向く前のさばきもうまくいって、前にビクトリーロードがサッと開けたこともありましたが、あの伸び脚は最高の気持ち良さでした。間違いなくあの馬のベストパフォーマンスだったわけですが、言われているような京都巧者だからという理由だけではないと思います。もともとディープインパクトに最も近いフットワークをするのがこの馬でしたから、いろんな可能性が開けたのだと感じています。

 ボク自身のG1レース100勝の区切りも、これはもう素直にうれしいの一言。いろんな場所を飛び回って積み重ねてきた数字ですから、こうしてまとまってみるとまさに感慨無量です。200勝は無理としても、伸ばせるところまで伸ばすつもりです。

 今週はジャパンカップです。ヒットザターゲットに乗るのは初めてで、どんな馬なのか手探りしているところです。今朝の追い切りも体感以上に速い時計が出ていましたし、体調はよさそうです。成績を見てもわかるように、一言で表せば“意外性の馬”。このメンバーに入ると格下の感はありますが、だからこそ意外性が武器になりそうです。意外に楽しめると思っているんですよ。密かにご期待ください。

ファンタジーSをベルカントで勝つことができました

2013年11月13日

 先週は土曜の京都のメーン、ファンタジーSをベルカントで勝つことができました。活躍が目立っている角田調教師は、これがなんと初めての重賞勝ちだったそうで、大いに喜んでもらえました。後輩の活躍は刺激になります。そして日曜は弟がまたまたメイショウマンボで大仕事。自信満々の騎乗ぶりでの勝利は、兄としてうれしく感じました。といっても、アイツだってもう35歳。元々うまかったし、当たり前の活躍なんですけどね。

 先週土日とも京都で乗って、今週も土日京都での騎乗。中間に地方競馬の騎乗もなく、珍しく地元でまったり過ごすことができています。というわけで、休みの月曜は、大阪神戸方面へ家内とドライブ。バタバタ動き回るのが苦にならないほうですが、こういう時間を過ごすのが落ち着くなあと感じる世代になってきたということでしょうか。家内も楽しそうでしたからボクも満足。奥さん孝行の頻度が増えそうな気がしています。

 今週はマイルCS。トーセンラーの追い切りに騎乗して、状態のよさは手綱の感触で確認できていますし、今年のメンバーならなんとかなってもいいんじゃないか、と前向きに考えています。ご期待ください。

文化の日は豪華な開催でした

2013年11月06日

 文化の日(そういえば、幸四郎の誕生日でした!)の月曜日、金沢競馬場で行われたJBCは、日本で初めてG1レースを同じ日に3個も組むという豪華な開催でした。金沢には何度も行ったことがありますが、あんなに賑わい、盛り上がったのはもちろん初めてのこと。米国のブリーダーズカップにならった企画ですが、JRAにもあの独特の高揚感を取り入れてもらいたいものです。

 ボクは、JBCクラシック(2100m、1着賞金8000万円)にワンダーアキュートで参戦して、ホッコータルマエのレコード駆けに及ばずの2着。実はボクにとってJBCは非常に相性のいいレースで、今回勝てば騎乗機会6年連続勝利(昨年は本家のブリーダーズカップ騎乗で不参戦でした)となるところだったのですが、あの完敗では仕方がありません。G1レース100勝目の区切りも、金沢でつけられるのかなと思っていただけに残念でした。

 今週は関東馬ハナズゴールでエリザベス女王杯に臨みます。同馬に初めて乗った前走の府中牝馬Sは9着に終わりましたが、着差は僅かにコンマ3秒。超の字が3つぐらい重なるスローペースで、みんなが伸びているという特殊なレースになってしまいましたから、度外視できると思っています。チャンスはあるはずです。

G1を勝つというのはやっぱり凄いことなんです

2013年11月01日

 今週はいわゆる「G1の谷間」。だからってことは全くないのですが、この中間は道営の門別ナイターで騎乗したり、金のオグリキャップに騎乗したりで、忙しく過ごしていました。

 天皇賞のトウケイヘイローは、ジェンティルドンナにびっしりマークされる厳しい展開になったこともあって、うまくいきませんでした。勝ったジャスタウェイも強かったですが、2着のジェンティルドンナもあのハイペースの中を最後まで粘るのですから本当に強いと思いました。G1を勝つというのは、やっぱり凄いことなんです。改めて実感しました。

 さあ、今週末の競馬も頑張ります。ちょうどいい競馬日和になりそうですし、ライブ観戦をお待ちしております。