日記・コラム DIARY

ダービーでの巻き返しに燃えています

2018年04月19日

昨夜は大井競馬場のトゥインクルナイター初日。そのメーンである、東京スプリントをグレイスフルリープで勝てたのは本当にうれしかったですね。昨年は韓国の重賞を勝った馬で、初めてのコースでも力を出せる頼もしい馬と言うことができそうです。

先週末の皐月賞はジャンダルムで9着に敗退。あのレースはスタートで出遅れたのが痛恨で、特殊な展開に流れたこともあって力の半分も出せていない実感が残ってしまいました。そういう意味でもグレイスフルリープの快走は気分一新につながりました。改めて、ダービーでの巻き返しに燃えています。

今週末はG1の谷間ですが、日曜のメーン、マイラーズカップは安田記念につながる大事な一戦。エアスピネルの能力を引き出す騎乗を心がけます。

まさに完敗でした

2018年04月11日

桜花賞は勝ち馬アーモンドアイの強さに脱帽。ボクのマウレアも外を回らされる厳しい競馬になって、それでも最後まで脚を使って5着と頑張っていますが、勝ち馬はさらに外を回って差し切ってしまっているわけですから、まさに完敗でした。それでも2着馬とはコンマ4秒。いまの状態の良さを維持できれば、オークスはもっと楽しめそうです。

今週は皐月賞です。断然の主役になるはずだったダノンプレミアムが回避してしまい、突然の混戦模様。ボクのジャンダルムも、勝負権のある馬の1頭だと思っています。問題は土日の雨予報。例年、中山の最終週は馬場の傷みが見えてきますし、それに雨が加わるとなるとどんな荒れ馬場になるかが予想できません。ジャンダルムが有利か不利かと聞かれると、キレイなトビをする馬なので、歓迎とは言えません。しかし、そこはどの馬も同じ条件となるわけですから、前向きに考えていきたいと思っています。

逃げ馬の天国でした

2018年04月04日

今年のドバイはゴドルフィンと逃げ馬の天国でした。ダートが、散水によって粘土のように固まっていて、キックバックが痛いほど。冗談ではなく、塊が当たったボクの手にアザができていたほどです。これほどの固い馬場なら、芝の強い馬を連れて行っていればとも思いますが、来年もこういう馬場である保証はありません。なにしろ、王様の庭で王様のフトコロから出る高額賞金をかけて行なう競馬ですから、こんな年もあります。日本馬は未勝利に終わりましたが、チャレンジを続けることに価値があるのは言うまでもありません。

今週は桜花賞。強い馬が2頭いますが、ボクのマウレアも相当のレベルにあると思っています。姉のアユサンは桜花賞馬で、勝てば姉妹制覇。これがなんと前例がないらしいですから、ちょっと燃えますね。全力を尽くします。

ドバイも暑かったですが、帰ってきてみたら日本も初夏の陽気でした。絶好の日和を競馬場で楽しまれることをお願いいたします。