日記・コラム DIARY

ダービーウイーク

2019年05月22日

さあ、ダービーウイーク。

今年は超伏兵的存在のメイショウテンゲンに騎乗するボクですが、ワクワクした気持ちはこの週ならではのものです。昨日あたりのニュースでは、関東地方に大雨が降って洪水が発生している映像が流れていましたが、このあとは好天が続いてダービーは良馬場で行われる見込みとか。今年に限っては洪水のような馬場が望みでしたが、ダービー日和を喜ばない騎手会長ではいけません。与えられた状況で、最善の努力をするのがジョッキーの務めです。

先週の競馬で横山典騎手が1週間の騎乗停止処分を受けて、ダービーに乗れなくなりました。リオンリオンの代役は誰になるんだろうと密かに注目していましたが、松永幹夫調教師の人選は横山武史騎手でした。3年目でダービーに乗れるのはすごいことで、抜擢を呼んだのはコツコツといい騎乗を重ねてきた本人の手柄です。そこに目が向いた松永幹夫調教師もさすがだと思いますし、武史騎手の父であるノリちゃんも、この采配には感激していることでしょう。

発売中の「Number」はボクの顔が表紙で、ダービー関連の読み物が満載。新幹線のホームなどで、その表紙が目に入ったときは面映ゆい気持ちもしますが、注目されるのはうれしいことです。ボクもダービーに対する思い入れをしゃべっています。ご一読いただけたらうれしいです。

ダービーのあとは、すぐに来週から2歳新馬戦が始まります。今朝もその追い切りに乗ってきましたが、幼さと裏腹の大きな伸びシロを感じました。大きな区切りのあとに、次に続く道が始まるのが競馬の面白さです。

一発狙った騎乗をするつもりです

2019年05月15日

騎乗馬がいないかも?と少し心配していた今年のダービーは、メイショウテンゲンからオファーをいただきました。今朝、1週前の追い切りに乗りましたが、さすがと言いたくなるいい背中でした。お母さんもよく知っている馬ですが、ノンビリした性格はよく似ていました。道悪は苦にしない馬なので、雨乞いをしたい気分ですが、今の東京の馬場はちょっとやそっとでは時計がかかる状態にはなりそうにありません。決して硬いわけでもなく、絶妙なクッションで走りやすいんです。そうした条件でどう戦うか考えます。差し当たって言えるのは、弥生賞馬で挑むダービーということでしょうか。ボクは弥生賞の勝ち馬でダービーを2回勝っていますからね。そこを強みとしましょうか。お世話になっているメイショウさんの馬でダービーを勝つことができたら最高でしょうね。ワクワクした気持ちで向かいたいです。

今週はオークス。騎乗するシェーングランツは、オークス馬の妹。実感として距離が延びてよさそうですし、東京実績もあり。混戦メンバーだと思いますし、展開ひとつでチャンスが巡ってきてもいいでしょう。一発狙った騎乗をするつもりです。

ソウルスターリング

2019年05月09日

先週の東京競馬は10レース以降が雹(ひょう)のために中止。現地で乗っていた和田騎手に聞くと「ゴルフボールぐらいのヤツが、手袋をしていなかった手に当たって痛かった」と、話していました。芝コースには氷の粒が残ったままだったそうですし、ダービートライアルが流れたのも致し方ないところだったでしょう。30年以上乗ってきましたが、この時期のこの理由での中止は聞いたことがありません。いろんなことがあるものです。

今週は牝馬のマイルG1、ヴィクトリアマイルです。ボクは藤沢和雄厩舎のソウルスターリングからの騎乗依頼を受け、多分15年ぶりの美浦トレセンでの追い切り騎乗。乗ってみて、想像以上の乗り味のよさにビックリしました。口向きや、ハミの取り方、手前の換え方など、乗ってみなければわからない部分を稽古で体感できたのは大きな収穫。レースでのコントロールが難しいタイプの馬ですが、柔らかくて、力強くて、スピードがあってと、いかにもマイルが合っていそうなタイプ。ダテにG1を2勝していないこともわかりましたし、実戦が楽しみになりました。せっかくのチャンスですし、結果で応えたいものです。