日記・コラム DIARY

鬼の居ぬ間に

2019年01月09日

今朝は栗東トレセンでの初仕事。京都の自宅を出るときは雨でしたが、栗東に近づくほど雨が雪にかわっていきました。トレセンは真っ白な世界。ゴーグルの隙間をかいくぐって入ってくる雪粒が目に入ったときは本当に痛いし、なによりも風が刺すように冷たい。仕事をしたなという気持ちになりました。

年がかわると流れが変わるというのは毎年実感していることですが、今年は年始から6勝をあげることができて、ひとまずはリーディングボードのテッペンに。まあ、鬼の居ぬ間にというのが正直なところですが、気分はいいです。この流れに乗っていきましょうか。

今週は土日月の三日間競馬。今朝の雪を見ていると、厳寒期のこの開催日程は中止のリスクが広がるという意味で危険だなとも思うわけですが、与えられた仕事をしっかりやるのがボクらの務めです。ボクは三日間京都競馬場に腰を据えて頑張ります。

あけましておめでとうございます。

2019年01月04日

あけましておめでとうございます。

今年も新しい年を競馬場で迎えています。適度に遠く、適度に近い香港で年を越しました。

年末は有馬記念がJRAでの最後の仕事。ご承知のように、オジュウチョウサンが頑張ってよく走ってくれたので、ボクとしては思い出に残るレースになりました。応援してくださったファンの皆さんも、着順とは別次元の感動が伝わったのではないかと思っています。

今年のカレンダーのキャッチは「exceed the boundaries」としました。昨年の「limitless drive」に似た雰囲気ですが、オジュウチョウサンのように、境界を越えた活躍ができたらいいなという気持ちです。

この3月でついに50歳を迎えるわけですが、ジョッキーという仕事が大好きなので、許される限り、好きなことを続けるつもりです。今年もどうぞよろしくお願いします。

有馬記念

2018年12月19日

さあ、今週は有馬記念です。馬券の売り上げで言えばダービー以上に盛り上がるレースで、文字通りのドリームレース。ボクは障害界に現れたスーパースター、オジュウチョウサンとのコンビで夢を見ることに決めました。凱旋門賞でコンビを組んだクリンチャー、ダービー馬マカヒキと、平地戦の実績でははるかに勝る馬からありがたいオファーをいただいていましたが、今回だけはファン投票3位の重みを大事にさせてもらいました。常識的には難しい戦いになるという見立てでしょうけど、有馬記念ぐらいは大きな夢を見るという選択もあるはずです。どんな競馬になるのか、ボク自身が一番楽しみに感じています。

昨年から、有馬記念のあとにもう1日開催が組まれるようになりましたが、ボクは香港での騎乗停止が効いていて、実質的に有馬記念当日が今年のラスト騎乗。週末は、土曜阪神、日曜中山で今年の締めくくりです。まだまだ歳末感は薄いかもしれませんが、皆さんどうぞ良いお年をお迎えください。